出会いがないTOP

携帯メールの進化

最近の若い人は、携帯を打つのがとっても早い人が多いですが
その中でも、遅い人がいるのですが、そのような人はその事に対してコンプレックスに思っているようなのです。
自分意外の携帯を持っている友達は、どうしても自分よりも早く打てていると思ってしまうそうなのです。
実際はそうでもないのに、そのように思っている事で、そのように思ってしまい
余計にコンプレックスだと思えてしまうのです。
メールが早く打てるからどうだという事はないと思いますし、実際早く打つよりも中身がしっかりしていないとだめだと思います。

メールを送られてくる人は、早く打ってるという事は何も気にしていませんしメールの返事を1秒でも早く欲しいと思っている人の場合は、電話でかけてくると思います。
電話代がかかったとしても、メールの返事を待ちながらいらいらするよりは電話の方が早いですよね。

結局はメールは早打ちよりも中身がしっかりしている方がいいのです。
メールを送る時いつも気を付けてメールを打っていると思います。
相手に対して失礼な文章を打っていないか、自分の意見だけを書きすぎていないか
誤字脱字がないかなど、気にしている事があると思います。

メールというのは、直接相手に話をしているわけではないので、きちんとした文章を書いて誤解を受けないようにしなければ思っている思いとは違うニュアンスで伝わってしまいます。
メールを送る前にもう一度読み返し、相手にきちんと伝わるかどうか確認する必要があります。

あなたの周りにメールを打つ事が早い人がいて、それを自慢していいる人がいたとしてもそんな人に惑わされることなく、自分は自分できちんとした文章を打てるんだと思いましょう。
メールをすごく早く打てる人の多くは、きちんと文章を考えないで打っている人も多いのです。

常識ある文章をきちんと返信しているようであれば、誰も嫌な思いもしません。
メールが送られてきた場合は、遅くてもその日のうちに返信できるようにしましょう。
もしも遅れてしまった場合は、きちんと謝っておくようにしましょう。
何度も言いますが、メールを打つ事が遅い事に関しては、何も悪くはありませんので大丈夫ですよ。

このページの先頭へ