イメージ画像

披露宴でのスピーチ

結婚披露宴では、親戚・友人・職場の上司同僚のスピーチは欠かせません。
いざ、あなたがスピーチを依頼された場合、どのような点に気をつける必要があるかみてみましょう。
まず、スピーチをする場合、まず両家への挨拶・自己紹介・エピソード・締めの挨拶となります。
両家への挨拶・自己紹介・締めの挨拶はよくある定型文にすれば問題ないでしょう。

やはり、エピソードで何を話すかが大切です。また、全体の時間も大切です。
スピーチでは、長すぎたりすると、披露宴自体の時間が長くなったり、聞いているヒトも退屈になってしまいがちです。
また短すぎるとあまり良い印象が残らず、寂しいものになります。時間としては3分前後が目安とも言われます。

ある披露宴では、前にスピーチしたヒトが長すぎたので、披露宴自体がダラダラしたものになっていましたが、次のヒトが逆に短くしたことで、スピーチの印象がよくなったという話もあります。

スピーチの長さは、できれば状況をあわせた方が好ましいでしょう。
そして内容ですが、学生時代が一緒であれば学生時代の話を、職場が一緒であれば職場での話、またそれ以外ならばその間柄の話をするようにします。

エピソードはできれば1つか2つに絞り、新郎新婦の人柄の良さや性格の良さが出るような話にします。
あまり、失敗談ややんちゃな話は場を気まずくさせますので避けます。
ましては、過去の恋愛話などは、もってのほかです。
話題自体、相手のためになっているかを考えて選ぶようにしましょう。

また女性などが、新郎に憧れてましたとか女性からの評判もよかったというのも、控えるようにしましょう。
また、スピーチ本番では話し方にも気をつけます。ヒトは緊張すると早口になったり、言葉がはっ
きりしなくなることが多いそうです。ゆっくりとはっきり話すようにしましょう。どうしても厳しい場合には、メモを用意します。

ずっとメモだけを見て読むのはあまりよくありませんが、話しながら多少メモに目を通すのは、悪くはありません。メモがあると思うと、緊張も和らぐものです。
無理して暗記して話をしようとしないようが良いでしょう。
人前で話するのは苦手というヒトも多いでしょう。
結婚披露宴のスピーチなんて無理と思うヒトも多いのではないでしょうか。

しかし新郎新婦があなたにと頼んできた場合には、是非引き受けましょう。

多少スピーチが下手でも、きっと引き受けてくれたことに感謝と感動してくれるでしょう。
そう思えばスピーチなんて、怖くなくなるのではありませんか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年8月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ